話題の人物

高木祐輔シェフ|経歴wikiプロフィール&レストラン(レカマヤジフ)はどこ?ランチメニューは?

高木祐輔シェフ|経歴wikiプロフィール&レストラン(レカマヤジフ)はどこ?ランチメニューは?高木祐輔シェフは、シュッとした外見で、かなり面白みのあるシェフです。

中華料理かと思えば、そこだけにこだわらず、美味しさというものだけを追求したいという思いで、今はカレーやさんにいる(笑)

おもしろいですよね!
でも俯瞰的に料理と向き合える方なのかもしれません。

そんな人が作る料理もなんだか楽しそうですよね。

今回の記事では、高木祐輔シェフのプロフィール、経歴、レストラン レカマヤジフについて紹介していきます。

 

2021年7月4日には、須賀シェフが総監督を務めている『DRAGON CHEF(ドラゴンシェフ)』の決勝ラウンドが放送されるということが話題になっています。
若きシェフたちが優勝賞金1000万円№1を目指す『料理界のМ1グランプリ!』
ただいま過去放送分がABEMA で一挙放送中!(※2021・6月29日現在の情報です。最新配信状況は公式サイトにてご確認ください。)

「DRAGON CHEF2021」は
\ABEMAプレミアムで配信!/

ABEMAの公式サイトはこちらから

みのかママ
みのかママ
初めて登録する方は2週間登録無料ですって。無料体験終了の24時間前までに解約したら料金も一切かかりません♪

 

高木祐輔シェフ wikiプロフィール


まずは、高木祐輔シェフのプロフィール紹介をしてみます。

高木祐輔シェフ引用元:https://dragonchef.jp/player/

名前:高木祐輔 たかぎゆうすけ
誕生日:1994年

フランス料理人の父親の影響で料理を始めたそうですが、料理人になるものだと最初から思っていたそうですよ。

それは父の背中をみて育ったからですかね。

それで、高校生の時いわゆる調理実習的なことで麻婆豆腐を作ったとき、立ち上る香りなど、麻婆豆腐の虜になり、中華料理の道にしたそうです。

その時の気持ちが衝撃だったそうですよ!

高木祐輔シェフ 経歴


高木祐輔シェフの経歴を紹介します。

父の影響で料理を始めます。

高校を卒業して、ザペニシュラ東京の広東料理ヘイフンテラスで7年の修行を積んでいます。

そして、RED Uー35ではGOLDENEGG賞を獲得していますね。

2017年、2018年と2連続で出場を果たしていますがどれも一次審査で落選。

2019年、3度目にして初めてファイナリストとなります。

そしてこの大会での人との出会いでいろいろ考え方が変わってきます。

まず1回目と2回目の落選は自分でもよく理解できる落選だそうです。
他の料理人の大会への意気込み、料理への情熱愛情が、自分とはくらべものにもならない、
自分がまだまだだと感じたそうです。

そしてそういう人達との出会いを経て、中華料理だけにこだわることも辞めたんです。

美味しいというものの追求をしたくて、中華だけでなくても良いと思ったんですって。

こだわりがないと言えばそうですが、逆にすごく料理のおいしさにこだわっているともいえるように感じます。

高木祐輔シェフ レストラン(レカマヤジフ)はどこ?


高木祐輔シェフが今いるレストラン、レカマヤジフは、東京にあります。

東京都目黒区五本木16-3

カレーが中心のお店なんですよ!

オシャレな外観の佇まいで、カレーやさんとも思えない感じ。
カフェのような雰囲気です。

そして面白いのが、ランチは基本的に新しいカレーがコンセプト。
夜は、中華料理とスパイスの組み合わせというのがコンセプト。

なんだかおもしろいタイプのお店ですよね!

高木祐輔 レストラン(レカマヤジフ)ランチメニューは?

ランチは、基本的にカレーで月替わりになっています。

カレーと、副菜とエッグホッパーがセットです。

・胡椒とバターチキンのカレー
・ブラックマスタードとアワビの茸カレー
・パプリカチリとフルーツトマトのカレー
・ココナッツとエビカレー

これが1300円になっています。

メニューを聞いているだけで、すごく惹かれます・・全部食べたい!(笑)

そして
1500円で、選べる2種のカレーセット
1800円で選べる3種のカレーセット

これとても嬉しいですよね!
いろいろな味を楽しめるのは、本当に嬉しい!値段もそこまで変わらないし。
これは女性に人気だろうな!

ちなみにランチは限定30食だそうで、要注意です!

まとめ

異色の中華料理人高木祐輔シェフは、今カレーのお店にいます(笑)

もちろン中華料理もしていますよ!

でもその独特な料理への姿勢に純粋さを感じますし、料理の幅がグンと広がりそう。
そういう勉強をしていくとどんな味にたどり着くのか興味深いです!

独特な世界観でおもしろいこだわりのシェフ、今後に注目ですね!

error: 保護されたウエブサイトです