レシピ 

まる得マガジン『パインとベリーのココットクランブル』レシピ|ポリ袋でおやつ⑧|NHK Eテレ

まる得マガジン『パインとベリーのココットクランブル』レシピ|ポリ袋でおやつ⑧|NHK Eテレ引用元 https://plus.nhk.jp/

2021年6月9日Eテレで放送されたNHK『まる得マガジン』。
ここではポリ袋で『パインとベリーのココットクランブル』のレシピをご紹介いたします。

第6回はポリ袋に入れて、ポロポロのままで『クランブル』がつくれちゃうレシピを教えてくださいました。
サクサクの生地とジューシーなクランブルが楽しめるレシピです!

講師は菓子料理研究家・稲田多佳子さんで
お菓子作りの経験や年齢を問わず誰でも簡単に作れるレシピをご紹介してくださいました。
漫才コンビ男と女のワダちゃんが先生と一緒に作りました。

ちなみにテーマは『ポリ袋で簡単!フリフリおやつ』でしたよ。
良かったら一緒に勉強させていただきましょう♪

まる得マガジン ふりふりおやつ まとめ 2021 6月
まる得マガジン『ポリ袋で簡単!ふりふりおやつレシピ』まとめ 2021 NHK Eテレまる得マガジンの『ポリ袋で簡単!ふりふりおやつ』で紹介されていた稲田多佳子先生の『ポリ袋で作れるおやつレシピ』を全放送分をまとめます。 ...

まる得マガジン『パインとベリーのココットクランブル』材料 分量

(直径7センチのココット型5個分)

材料 分量
パイナップル(生) 正味150g
ラズベリー(冷凍) 約25粒

クランブル生地の分量

材料 分量
薄力粉 25g
アーモンドパウダー 25g
きび糖 25g
ひとつまみ
▲植物油 25g

使うポリ袋は横25㎝×縦30㎝。
厚さは0.02㎜以上で食品用と記載されているものを使用してください。

まる得マガジン『パインとベリーのココットクランブル』作り方

  1. パイナップルは皮と芯を取り除き、小さめの一口大にカットする。
  2. ココット型にラズベリーと①でカットしたパイナップルをまんべんなく入れておく。
  3. ポリ袋をボールなどの上に広げる。
    ※様子を見てオーブンを180度に上げておきます。
  4. 計りの上に置いてメモリを0の値にする。
  5. 薄力粉、アーモンドパウダー、きび糖、、塩ひとつまみを入れます。
  6. ポリ袋に空気を入れるようにして口を閉じます。
    振りまぜるときは袋の中に空気を入れておくことがPOINTになります!袋の口はねじりながら閉じていくと空気が逃げにくくおススメです。
  7. 50回ほど上下に大きく振ります。
  8. 再びはかりの上に⑤を置き、袋の口を開き計りのメモリを0にしてから▲植物油を⑦の袋に計量しながら入れます。
    (袋を広げるときはボールの上に広げたほうが作業がしやすいです。)

    クランブルづくりは粉と液体の配合が決め手!!
  9. そして袋の口をしっかりねじって閉じて(④と同じく空気を入れている状態。)、何度か振って材料どうしをなじませます。
  10. 振っていくとだんだんと『サラサラポロポロ』になっていく。
  11. ②で用意したココット型の上に等分してのせて180度のオーブンで23分ほど焼いて出来上がり♪

まとめ

パインとベリーのココットクランブルいかがでしたか?
漫才師ワダちゃんもとっても楽しそうに作っていましたよ!

ポリ袋でできるから洗い物も少なくなって嬉しいですね!

クランブル生地…作ったことないので興味津々です!

簡単だから子供と一緒にも楽しめそう♪
是非試してみたいと思います!
最後までありがとうございました。

 

まる得マガジンとは?

NHK イーテレで2003年4月7日から放送されている情報・教養番組です。

 

error: 保護されたウエブサイトです