まる得マガジン

まる得マガジン『アボカドと明太子マヨのケークサレ』レシピ|ポリ袋でおやつ④NHK Eテレ

まる得マガジン『アボカドと明太子マヨのケークサレ』レシピ|ポリ袋|NHK Eテレ2021年6月2日Eテレで放送された『まる得マガジン』。
ここではポリ袋に入れて、具(アボカドと明太子)を混ぜて作る『アボカドと明太子マヨのケークサレ』のレシピをご紹介いたします。

第3回目のテーマは甘い『ケーキ』ととはお惣菜ケーキ『ケークサレ』。
後半はこのお惣菜ケーキである『アボカドと明太子マヨのケークサレ』を教えてくれました。ちなみに前半はバナナとクルミのケーキでした!

講師は菓子料理研究家・稲田多佳子さんで
お菓子作りの経験や年齢を問わず誰でも簡単に作れるレシピをご紹介してくださいました。
漫才コンビ男と女のワダちゃんが先生と一緒に作りました。

ちなみに今回のテーマは『ポリ袋で簡単!フリフリおやつ』でしたよ。
良かったら一緒に勉強させていただきましょう♪

まる得マガジン ふりふりおやつ まとめ 2021 6月
まる得マガジン『ポリ袋で簡単!ふりふりおやつレシピ』まとめ 2021 NHK Eテレまる得マガジンの『ポリ袋で簡単!ふりふりおやつ』で紹介されていた稲田多佳子先生の『ポリ袋で作れるおやつレシピ』を全放送分をまとめます。 ...

まる得マガジン『アボカドと明太子マヨのケークサレ』材料 分量

(21×16.5×3センチのホウロウバット1台分)

材料分量
薄力粉120g
きび糖15g
ベーキングパウダー小さじ1
小さじ4分の1
1個
植物油50g
プレーンヨーグルト50g
粉チーズ15g
アボカド小1個
辛子明太子正味50g
マヨネーズ10g
黒コショウお好みで

使うポリ袋は横25㎝×縦30㎝。
厚さは0.02㎜以上で食品用と記載されているものを使用してください。

まる得マガジン『アボカドと明太子マヨのケークサレ』作り方

  1. ★卵を常温に戻しておく。
    ★オーブンを170℃にタイミングをみて温め始める。
    ★バットにオーブン用のシートを敷いておく。(オーブン用シートがない場合は型にバターを塗って薄力粉を軽く振るっておきましょう。)
  2. ポリ袋をボールなどの上に広げる。
  3. 計りの上に置いてメモリを0の値にする。
  4. 薄力粉、きび糖、ベーキングパウダー、塩を入れます。
  5. ポリ袋に空気を入れるようにして口を閉じます。
    振りまぜるときは袋の中に空気を入れておくことがPOINTになります!袋の口はねじりながら閉じていくと空気が逃げにくくおススメです。
  6. 50回ほど上下に大きく振ります。
  7. 別容器に卵、植物油、プレーンヨーグルト、粉チーズを入れ、かき混ぜてから⑥の袋に入れます。
  8. そして袋の口をしっかりねじって閉じて、何度か振って材料どうしをなじませます。
  9. アボカドを縦半分に切って種を取り除き、実をスプーンですくってポリ袋の中に入れる。
  10. 袋の口を開けて空気を抜いてから、再び袋の口の部分を3~4回しっかりねじってもみ混ぜます。
    もみ混ぜるときは袋の空気を抜くのがPOINT!このとき砂糖の塊とか粉の塊を見つけたら潰しておいてください。
  11. 生地をしっかり混ぜまとまったら、袋の片方の角と袋の口を結んでクリームを絞る袋のように3角形にして角になる部分を8㎝ほどカットします。
  12. オーブン用のシートを敷いたバットに絞り入れ、薄皮を取り除いた明太子とマヨネーズを混ぜ合わせたものを生地の上にのせてざっくりと混ぜ合わせます。
    ざっくりと混ぜ合わせることがPOINT!そうすることで明太子の味がしっかり味わえます。
  13. 170℃オーブンで28分程焼き仕上げに胡椒を振れば出来上がり♪

 

まとめ

アボカドと明太子マヨのケークサレいかがでしたか?

どんな味がするのかな?
とっても気になりますね!

ポリ袋でできるから洗い物も少なくなって嬉しいですね!
是非試してみたいと思います。
最後までありがとうございました。

 

まる得マガジンとは?

NHK イーテレで2003年4月7日から放送されている情報・教養番組です。

error: 保護されたウエブサイトです