レシピ 

まる得マガジン『アボカドのレアチーズケーキ(グラススイーツ)』レシピ作り方・材料分量 緑川鮎香

まる得マガジン『アボカドのレアチーズケーキ』レシピ作り方・材料分量 緑川鮎香2021年5月13日Eテレで放送された『まる得マガジン』。
ここでは『アボカドのレアチーズケーキ』のレシピをご紹介いたします。
なんとアボカドがオシャレなグラススイーツに!
クリームの代わりにアボカドを使ったレアチーズケーキだそうです。アボカドのもっちりとした舌触りが楽しめるそうですよ。とってもおしゃれな一品です!

講師は料理研究家で管理栄養士の緑川鮎香さんで
彼女が考案したアボカドレシピの中から厳選したレシピをご紹介してくださいました。

ちなみに今回のアボカド料理のテーマは『スッキリまろやかスイーツ』でしたよ。

良かったら一緒に勉強させていただきましょう♪

まる得マガジン『アボカドのレアチーズケーキ』 材料 分量

材料 分量
アボカド(※必ず完熟したやわらかいもの) 正味150g
レモン汁 大さじ1
クリームチーズ 200g
グラニュー糖 60g
牛乳 100ml
粉ゼラチン 5g
※番組内ではフランボワーズが上に飾り付けられていました。)

アボカドが森のバターと言われる理由は
アボカドは脂質を多むことでそう言われています。
血液中の悪玉コレステロールを減らす働きがある不飽和脂肪酸が多く含まれているそうですよ!

まる得マガジン『アボカドのレアチーズケーキ』作り方

アボカドは黒くてツヤのある完熟したものを選ぶのがおすすめです!
  1. クリームチーズを常温で柔らかくしておく。
    粉ゼラチンを水でふやかしておく。
    ビスケットをジップロックなどに入れ粗く砕いておき、盛り付けるカップの中に下から1㎝ほどの量入れておく。(※器の大きさにより個数が変わってくるため混ぜる材料の量を見て出来上がる量を想像し、器の数を調整してください。)
  2. アボカドを縦半分にカットする。(中心に大きな種があるので縦一周ぐるりと切れ目を入れたらアボカドの上下をひねるようにすると種から実が外れて、アボカドを半分にすることが出来ます。種は包丁の刃元で刺してもいいし、危なかったらスプーンでくりぬいても。)
  3. アボカドの皮は手で優しく剥きボールに入れます。
  4. レモン汁を入れてフォークでペースト状になるようにつぶしていきます。
    ここでよく潰しておくのがポイントです
  5. ボールにクリームチーズを入れグラニュー糖を加え混ぜ、④のペースト状にしたアボカドを加えよく混ぜ合わせます。
    粒がなくなるくらいまでよく混ぜましょう
  6. ➄に牛乳を加えなめらかになるまで混ぜます。
  7. 水でふやかした粉ゼラチンをレンジで20秒温めて⑥に入れて手早く混ぜます。
  8. 砕いたクッキーをいれたグラスに⑦を流し入れて冷蔵庫で2時間冷やし固めます。

まとめ

いかがでしたか?
アボカドのレアチーズケーキ。

試食はハリーさんがされており
「う~んっ美味しいっ!なんか後味がサッパリしてる!アボカドってこんな力持ってるんですね~」
と仰っていました。

おしゃれなアボなスイーツ!アボカドの栄養も摂取できるデザート!
なんとも画期的でうれしいレシピですね!
是非試してみたいと思います。
最後までありがとうございました。

 

まる得マガジンとは?

NHK イーテレで2003年4月7日から放送されている情報・教養番組です。

error: 保護されたウエブサイトです