レシピ 

【おかずのクッキング】『新ゴボウの醤油漬け』材料分量・作り方 レシピ

【おかずのクッキング】『新ゴボウの醤油漬け』材料分量・作り方 レシピ2021年5月9日にで放送された『おかずのクッキング』で教えて下さった土井善晴先生の『新ゴボウの醤油漬け』のレシピのおさらいです。

この『新ゴボウの醤油漬け』は洗って切って漬けるだけでできるレシピですが、風味と歯ごたえは抜群!とのこと。

では早速行ってみましょう♪

土井善晴『新ゴボウの醤油漬け』材料 分量 (2人分)

材料 分量
新ゴボウ 100g
▲みりん 大さじ1と2分の1
▲醤油 大さじ3
▲水 大さじ1と2分の1

土井善晴『新ゴボウの醤油漬け』作り方・レシピ (2人分)

  1. 新ゴボウをたわしで洗って泥を落とし水で汚れを洗い落とします。
  2. 水気を拭いて、4~5㎝幅くらいにカットして拍子木切りにする。

    (灰汁が気になる場合はココで水に浸ける。)

  3. カットしたごぼう、▲みりん▲醤油▲水をジップロックに入れる
    新ゴボウ漬け込み液=醤油:みりん:水=2:1:1です
  4. 冷蔵庫で2時間から一晩ほどおいて味を含ませます。
  5. 器などに盛り付けて出来上がり♪

この『新ゴボウの醤油漬け』の味が辛いと感じるようでしたら、粉ガツオをまぶしたり、炒りごまをまぶしたら辛味が抑えられます!

新ゴボウは皮が柔らかく灰汁が少ないので皮を剥いたり長い時間煮なくても大丈夫♪

 

まとめ

いかがでしたか?
土井先生のとってもおいしそうですよね。

是非試してみてくださいね。
私も作ってみたいと思います。

最後までご覧くださいまして
ありがとうございました!

 

おかずのクッキング

【放送局】
テレビ朝日
【放送曜日・時間】
毎週土曜日 4:55~

家庭料理研究家で有名な土井勝先生の次男である土井善晴先生らが家庭のおかずの作り方を教えてくれる番組。
番組のコンセプトは『見るだけお料理上手』。
毎回土井先生の料理1品と他の先生が1品がお料理を教えてくれる。

土井先生意外に登場される先生方は
コウケンテツさん、笠原将弘先生、柳原直之先生、浜内千波先生、ウーウェン先生、大原千鶴先生、堀知佐子先生、井上真理恵先生、関岡弘美先生、真藤麻衣子先生、鈴木薫先生、青江覚峰先生。

error: 保護されたウエブサイトです