動画編集

動画編集用パソコンの必要スペックは?CPUやメモリ等・注目すべきポイントまとめ☆

動画編集用パソコン 必要スペックは?CPUやメモリ わかりやすく

みのかママ
みのかママ
YouTubeに動画投稿したくてパソコン購入したいんだけど、さっぱりわかんなくて…

ここではそんなお悩みをもったあなたに向けて、『動画編集用のパソコンの購入を検討しているときに、見るべきポイント(スペック)を初心者の人にもわかりやすく』を意識してイラスト付きで解説していきたいと思います。

動画編集に必要なパソコンのスペックとは?

映像や音楽を加工するという高度な動画編集の作業する場合は、高度なCPU(Core i7やRyzen)と大容量のメモリ(16GB)が必須になります。

【→最低限これだけのスペックがあれば動画編集可能(後日ブログ記事開設予定)】

みのかママ
みのかママ
あぁCPUとかHDDとか…聞いただけで頭痛くなりそう……っていうか、そもそもスペックっていったい何なの…!??
ピンくま
ピンくま
スペックっていうのはね、人間でいうプロフィールみたいなものかな。
大丈夫大丈夫!1つ1つ見て行こうね♪

パソコン スペックとは身長が高く、仕事が出来て金持ちで…みたいな医者や外資系や経営者などのことを「ハイスペックな人」という言いますよね。
人間でいうとスペックを表すのに 年齢、年収、身長や体重などがあります。

パソコンに置き換えればスペックとは、パソコンの画面サイズや重さ、情報を処理するスピードや記憶できる部分の大きさなどになり、全部まとめてスペックと呼びます。
パソコンでいうハイスペックは高性能で優秀なパソコンということ。
そのスペックを表すの項目の1つにCPUメモリがあります。

【→自分のパソコンのスペックを調べる方法は?(記事開設予定)】

動画編集に必要なスペック①

CPUCore i7Ryzen 7以上がベスト

ピンくま
ピンくま
CPUってね人間でいうと、頭脳の部分(頭の良さ)だよ。ここの性能が悪いと動画編集の作業がスムーズに出来なくなるから、とっても重要な部分なんだ!
CPUとは

※ちなみにCPU=Central Processing Unit(中央処理装置)の略です。

動画編集には映像や音楽を加工するという高度な作業が必要なため、動画編集用のパソコンはCPUを基準に選ぶことはとっても重要になります。

 

CPU(性能=頭の良さ)は
次の3点の値を見ると評価できるようになっています↓

  • Core(コア)の数
  • クロック周波数
  • キャッシュ

 

みのかママ
みのかママ
じゃぁパソコンを選ぶときはコアの数クロック周波数キャッシュという部分を見たらいいってことなのね!
ピンくま
ピンくま
そうそう!でもね、これらはブランド(シリーズ)ごとに性能が決まっているから、初心者はブランド表記に注目して選べば問題ないよ!

CPUブランドごとに、コアの数やクロック周波数、キャッシュの値が決まっているからブランド表記(「Core i7」「Ryzen」など)に注目するとGOOD!

 

CPUの製造会社は大きく分けて2社。
「Core i」「Ryzen」とは、
各社の高性能なパソコンのブランド名。

 

CPUわかりやすく

 

ピンくま
ピンくま
CPUの製造メーカーは大きくわけて世界シェア№1の「Intel(インテル)」製優秀なグラフィック性能とコストパフォーマンスが強みの「AMD(エイエムディ)」製があるんだよ。

 

↓【CPUの主な製造メーカーと性能】↓

CPU製造企業 Intel(インテル)
AMD(エイエムディorアムド)


高性能 Core i(コアアイ) Ryzen(ライゼン)

低性能 Pentium(ペンティアム)

Celeron(セレロン)
AMD A

AMDFX(エフエックス)
共にインテルのCore i7には全く太刀打ちできず価格で勝負していると言われている。

 

「Core i」「Ryzen」の末尾に付く数字が大きい方が高性能。

みのかママ
みのかママ
CPUは「Core i7」「Ryzen7」がおススメっていっているけど、それってどういうこと?
ピンくま
ピンくま
CPUを作っている会社ごとにブランドがいくつかあってそれぞれ性能が違ってね、それぞれの会社の最上位モデルが「Core i」「Ryzen」ってことだったよね。
ピンくま
ピンくま
「Core i」「Ryzen」と呼ばれるモデルの中でも、ブランド名の後に付く数字が大きいほうがパソコンの性能がいいってことなんだよ。
みのかママ
みのかママ
へぇ~そうなのね!
ピンくま
ピンくま
例えばね、「Core i」シリーズでいうと、Core i3、Core i5 Core i7があってね、Core i3よりCore i5のほうが優秀で、Core i5よりCore i7のほうが優秀だよということだよ。

「Core i」などの表記では、
末尾の数字が大きくなるほど性能が良いということ。
(例:性能の良さ→Core i3<Core i5<Core i7)

 

ピンくま
ピンくま
あとね、その「Core i7」のなかでもね、作られた順を示すのに第1世代、第2世代、第3世代…と世代で順番が付けられているんだ~
みのかママ
みのかママ
そうだったのね!全然知らなかったわ!

 

「Core i」につけられている世代の数は、大きいほど新しく作られたと表し性能が良くなっていることを表す。
(例:第3世代のCore i7<第6世代のCore i7<第8世代のCore i7)

 

さらにインテル製のCPUの表記をもう少しだけ細かく見てみると

性能 高い低い
CPUの表記 Core i3 / Core i5 / Core i7
Ryzen 3 / Ryzen 5 / Ryzen 7
Core m3 / Core m5 / Core m7
Core Y
Celeron / Pentium
特徴 しっかりした性能 モバイル用途向け
省電力
低性能

上記のように表示されます。

ピンくま
ピンくま
core iのブランド表記の型番に「M」「U」「Y」がついているものは、同じブランドのCPUよりも性能が大きく劣るから注意してね!
みのかママ
みのかママ
なるほど!じゃぁ動画編集するには、型番のアルファベッドにも気を付けて、ハイスペックの「Core」や「Ryzen」ブランドを選べばいいってわけなんだね
ピンくま
ピンくま
よくわかってきたね!

【→英語表記の意味は!?IntelのCPUの末尾にあるK, S, T, Uなどのアルファベットについてまとめ(後日ブログ開設予定)】

動画編集をスムーズにするために必要な、コアの数クロック周波数キャッシュが含まれているCPU(頭の良さ)は「Core i7」「Ryzen7」以上を選びましょう。

 

コアの数とは?クロック周波数とは?メモリとは?→(後日ブログ開設予定)】

動画編集に必要なスペック②

メモリは16GB以上がベター

メモリ」とは、コンピュータで作成する文章や情報などいろんな作業の内容を、一時的に記録するために使用するためのものです。

メモリ」のことをもう少し分かりやすくするため、「机」と「本棚」と「お仕事しているクマ」に置き換えて見てみましょう。

ストレージ メモリ わかりやすく

お仕事しているピンクマ=「CPU」
仕事をする机=「メモリー」
「データの保存場所」本棚=「ストレージ」

机の大きさ(メモリの容量)が小さい頭がいい頭脳(CPU)でも、仕事がやりにくくて効率が悪くなって処理スピードが遅くなるという訳です。

 

動画編集に必要なスペック③

ストレージはHDDよりSSDが高性能

HDD SSD わかりやすく
みのかママ
みのかママ
SSD、HDDっていったいなんなの?
ピンくま
ピンくま
SSDはねのSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略で、HDDはHard Disk Drive(ハードディスクドライブ)の略だよ。
ピンくま
ピンくま
PCには必ずデータを保存するために内蔵ストレージと呼ばれる領域が存在しているんだ。SSD、HDDはデータを記録するためのストレージのひとつだよ
ピンくま
ピンくま
ひと昔前は「HDD」に保存されていたんだけどね、
ケータイ電話の普及やアイパッドの急速な需要と共に、近年増えてきたのが「SSD」に記録されるように変化してきたんだ~。
みのかママ
みのかママ
「SSD」の方が優れてるってこと?
ピンくま
ピンくま
両者メリットデメリットを持ち合わせていてね、HDDの方が容量に対する単価が安くて保存できるデータ量は大きいんだけど、SSDの方が読み書きの速度がとっても速いんだ。
ピンくま
ピンくま
ということで動画編集の内部ストレージはSSDを選ぶか、又はSSDとHDDを両方搭載したモデルがベターとされてるよ!

【→SSDとHDDの特徴 わかりやすくメリットデメリット(後日ブログ開設予定)】

動画編集に必要なスペック④

動画編集用パソコンのOSはWindowsがおすすめ。

みのかママ
みのかママ
ところでOSって何だったっけ?
ピンくま
ピンくま
ええっとね「Operating System」の略でね、直訳すると「操作するためのシステム」 となるよ。端末全体を管理、そして、制御してくれる役割を果たしてくれるよ。
僕たちパソコンやスマートフォンをわかりやすく簡単に操作できるように、OSは重要な役割を果たしているよ。
ピンくま
ピンくま
パソコンのОSでは、Microsoft社のWindowsとApple社のMacに搭載されている Mac OSが有名だよ。聞いたことあるかな?
みのかママ
みのかママ
うんうん~なんか聞いたことある!
ピンくま
ピンくま
結論から言うと、どちらでも動画編集は可能だよ。
圧倒的シェア率を誇るWindowsを選ぶと使用できる編集ソフトが多いとか、選べるパソコンの種類が多い、Macの同等のスペックで価格が抑えられる。ユーザーが多いので情報収集がしやすいなどがメリットにあげられるから、パソコンビギナーにはWindowsの方がおススメだよ

グラフィックボード(GPU)は、あるとベター

結論から言うと使う環境によって無くても大丈夫です。

みのかママ
みのかママ
そもそもグラフィックボードってなんなの?
ピンくま
ピンくま
画像や映像をきれいに映したい場合に必要なんだ。
でもCPUなど他の部品などに搭載されているので画像や映像は映すことは出来るからあまり重要視しないでも大丈夫!
ピンくま
ピンくま
でもね、パソコンのゲーム実況をしようと思っている人には必須になるから注意が必要だよ。
みのかママ
みのかママ
Switchみたいなゲームを実況する時は必要なのかな?
ピンくま
ピンくま
テレビゲームの場合は無くて大丈夫だよ!
ピンくま
ピンくま
パソコンのゲーム配信する場合には高画質なので必要だよ。「編集作業をより快適に行うためにグラフィックボードも必要くらい」でいいんじゃないかな。

まとめ

いかがでしたか?
お悩みは解決できましたか?

なんだかまだよくわからない方にお勧めのパソコンも載せておきますね!

最強にコスパがいい&高評価のおススメのノートパソコンはこちら↓


 

デスクトップパソコンがいい方は高評価のこちらがおすすめです↓↓↓


 

【→デスクトップとノートパソコンメリットデメリット記事開設予定】

最後までありがとうございました☆

error: 保護されたウエブサイトです