大阪

大阪 『万博記念公園』 遊具に近い駐車場は? おさえておきたい8つのポイント

万博公園 太陽の塔 駐車場と遊具

関西に住んでいる方は、ご存じだとは思いますが…
大阪府吹田市には、日本万博博覧会の跡地を整備して再生された『万博記念公園』という おすすめの公園があるんです!

筆者が『おすすめ度』と『おすすめポイント』『注意ポイント』をお伝えしますね!

【万博記念公園 おススメ度】

総合 ★★★★☆
リーズナブル度 ★★★★☆
リピートしたい度 ★★★★★
赤ちゃん(お座りできる頃) ★★★☆☆
赤ちゃん(よちよち歩き) ★★★★☆
幼児 ★★★★☆
小学生 ★★★★☆
大人 ★★★★★

下の子が3歳になってから何十年ぶりかに久しぶりに足を運んでみると…小さい子用の遊具もあり、とても楽しめました!
それから何度かお世話になっています♪

まだまだ進化していて、行くたびに色々楽しめる公園です。

 

『万博記念公園』の
おすすめポイント5つ!!

おすすめポイント①

入園料が格安!

万博公園の入場料は安い

入園料
大人260円
小学生80円

アクセスしやすく、
都会でこの規模でこの入園料はリーズナブルですね♪

 

おすすめポイント②

遊具がいろいろな箇所に点在していて、それぞれの魅力がある♪

万博公園の色々な遊具

小さなお子様におすすめ
船の遊具「エキスポみらいgo!」(写真左側の遊具)

小学生頃からおすすめ
やったねの木(写真右上)
わくわく池の冒険ひろば(写真右下)

 

おすすめポイント③

季節を感じることができる♪

園内には季節ごとに咲く花木、草花水生植物類が植えられており
季節を感じることができますよ!

紅葉の時期の園内 私が訪れたときは、素敵な紅葉が楽しめました♪

イベントとしては
梅まつり、桜まつり、チューリップフェスタにポピーフェア、ローズフェスタ、あじさいまつり、ひまわりフェスタ、コスモスフェスタ紅葉祭りなどがあります。

 

おすすめポイント④

園内に入ると、広々しています♪

広い広場がたくさんあり
とにかく
ひろーーーーーい!です。

万博記念公園の広場平日は広場に人がいませんでした

大きく分けたら自然文化園、日本庭園とあります。

自然文化園の中に遊具が点在した形となり、
小さな子供連れで万博公園初心者の方は
太陽の塔の顔のある面を正面に見て右手方向に行けば間違いない感じです。

逆に左手方向に行くと、ソラード ( 森の空中観察路)や、わくわく池の広場があります。(目的地まで少し距離があります。)
そちらは小学生くらいからのお子様がおすすめです。

 

おすすめポイント⑤

園内は整備されており、
気持ちよく過ごせる♪

たまに年代を感じる場所がありますが、お洒落なカフェやレストラン、キャンプ場のリニューアルされており、
2020年3月15日からは巨大クライミングアトラクションの万博BEAST(ビースト)がオープンするなど、常に進化しており、これからも目が離せない万博公園です♪

万博公園 カフェ・レストラン左・公園前にあるカフェ&右 日本庭園前ゲート近辺のレストラン

 

 

『万博記念公園』の
注意ポイント3つ!!

注意ポイント①

駐車場や駅、出口は複数あります!

目的地をどこにするのか、あらかじめ決めておくといいです。

土日祝に車で行く際は、あさイチから行かないと目的地の近くに停めるのは厳しいでしょう。
万博 子供と 分かりやすい地図

各駐車場 最寄りの目的地
&モノレールの駅とバスの駅まとめ

駐車場名 万博内の目的地 万博外。周辺の目的地 モノレール駅 バス
中央駐車場&南駐車場 やったねのき
おもしろ自転車
アスレチック迷路
冒険海のひろば
バーベキュー広場
サイクルボート
EXPO’70パビリオン
足湯
梅林
お祭り広場
太陽の塔
エキスポシティ
ニフレル(水族館)
観覧車
※エキスポシティ駐車場もこの近隣
万博記念公園駅 万博記念公園
公園東口駅 冒険海のひろば
カフェ(主にドリンク)
バーベキュー広場
サイクルボート
EXPO’70パビリオン
万博記念競技場
少年野球場
少年球技場
公園東口駅 日本庭園前
西駐車場 ソラード(空中庭園)
わくわく池の冒険広場
万博BEAST
あじさいの森
迎賓館
(西口)
温泉おゆば(専用駐車場もあり)
パークゴルフ
西口ちびっこ広場(北口)
フットサルコート
無し 阪大南口
日本庭園前駐車場 国立民族学博物館
大阪日本民芸館
バラ園
日本庭園
チューリップの花園
水の広場
わくわく池の冒険広場
お祭り広場
レストラン※万博公園の真ん中らへんに位置するのでその他にも目的地がある場合もおすすめ。万能型の駐車場
公園東口駅 日本庭園前

 

モノレールで行った際、駅から分かりやすく案内が出ていました。
出来れば公共機関での来園がおすすめです!

 

注意ポイント②

イベントの日と重なると混雑します!!!

万博公園 混雑万博公園 混雑 イメージ

自然文化園、日本庭園、EXPO’70パビリオン、国立民族学博物館、大阪日本民芸館の入園、入館が無料になる無料解放デー(年3回)や、人気のイベント催し物がある際はとても混雑します。

逆に平日はとても過ごしやすいです♪

 

注意ポイント③

余計なお金がかかるポイントもある!!

無料遊具の横に、楽しそうな自転車や迷路、ボートがあり、これがまた結構お高いんです!!!汗

万博公園 有料遊具など有料の遊具や、のりもの

中央口のエキスポシティは観覧車や他の誘惑ポイントがたくさん!

巨大立体アスレチック迷路
(1名500円・3歳以上有料。0~2歳は保護者同伴でも利用不可)

夢の池 サイクルボート
(20分 一般 2人乗り用 1000円。4人乗り用1300円。)
※障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は300割引きあり。

万博おもしろ自転車広場
(30分 1人500円。3歳以上有料)

森のトレイン
(1階350円。3歳以有料)

中央入り口には、一口カステラより一回り大きい大きさの
ボールカステラやさんも・・・

念のため、それなりの覚悟もしていきましょう。
おじいちゃんやおばあちゃんを誘って
出かけるのもおススメです♪

 

 

まとめ

遊びに行くおすすめの時期は春秋。夏の夕方も良さそうです。
園内にはドリンクの自販機はたくさん設置されており
お菓子屋お弁当を持って行くとゆっくり過ごせます♪
事前に予約をしておけば太陽の塔の中を見学することも可能です。
ぜひ足を運んでみてほしい公園です☆

 

営業時間 9時30分~17時
入園時間は閉園の30分前まで
定休日 水曜日(祝日の場合は翌日が休園)
入園料 大人 260円
小中学生 80円
駐車場 平日最大1100円 土日祝最大1600円
東(998台)、南(1218台)、中央(971台)、西(691台)、日本庭園前(612台)
※金額などは違うが エキスポシティ(4070台)にも可
障害者割引 等 障害のある方(本人と付き添い者1名)
被爆者の方、ひとり親世帯の方は入園無料になります。
窓口で手帳又は証明書等をご提示ください。
→詳細は公式HPでご確認ください。障害者手帳、療育手帳をお持ちの方は
駐車場料金が全額免除。(最初の入庫から6時間に限る)
入園受付にて駐車券も提示して下さい。(本人確認あり)
赤ちゃん情報 ベビーカー (ほぼ可能)→詳細は公式HPへ
※2歳までは先着順でベビーカー貸し出しもあり。
おむつ替え台 あり
授乳室 園内に5か所あり。
ごはん情報 カフェ、レストランあり。
軽食が売っている売店の営業は、土日祝など期間限定。
自動販売機あり
おすすめごはん デートの際は
お洒落なレストランやカフェでもいいとは思います。
小さい子と一緒の場合は
レジャーシート&お弁当持参がおすすめです!
おすすめ持ち物 レジャーシート
寒い時期はブランケット
夏季は虫よけスプレー
お弁当
お菓子
飲み物
着替え
タオル
備考 太陽の塔への入場は前日までに要予約となっています。
入館料として大人720円。小中学生310円。
(入園料)万博記念公園の入園無料デー(3月、9月、11月の土日あたり 年3回)
念のため公式HPで確認していきましょう。
住所 大阪府吹田市千里万博公園1-1
電話番号 0668777387
地図
土日祝は公共交通機関推奨。→詳細は公式HPへ
バス電車 モノレール利用時
「万博記念公園駅」または「公園東口駅」で下車。
バス利用時
「万博記念公園」または「日本庭園前」
公式HP https://www.expo70-park.jp/