動画編集

⑥フィモーラ 動画編集 カット 方法

⑥フィモーラ 動画編集 カット 方法
ここでは動画編集ソフトフィモーラ(filmora)のカット編集についてまとめてみました。

フィモーラ 動画編集 カットの方法

※ここでは理解しやすいように自動リップル停止して説明していきます。

動画の前後に不要な部分がある場合

下記の部分を使いたい。
映像の撮り始め、撮り終わりの部分はいらないという場合は

編集したいビデオトラックを選択し、下記の部分にカーソルを合わせると『⇔』→マークが現れるので

①『ここから使用したい』という部分までドラッグ&ドロップします。

フィモーラ カット編集

②も同じように⇔マークを表示させてから、使用したい部分までドラッグ&ドロップさせます。

 

いらない部分が切り取ることができた映像はAをドラッグさせてBまで移動させます。

 

 

 

動画の間に不要な映像がある場合

いる部分といらない部分の境目を分割して削除して結合します。

再生ヘッド(A)を『ここがいる映像といらない映像の境目』という部分までドラッグして持ってきます。

フィモーラ 分割方法
Bのはさみマークを押して映像を分割します。

 

 

 

再びいる部分といらない映像の境目をカットするため再生ヘッドをカットしたい部分までドラッグして動かします。

フィモーラ わかりやすく カット編集

②のはさみマークをクリックして映像を分割します。

 

いらないカットしたい部分が①として①を選択します。

選択したら上下の青色は白色に代わります。
そして②のゴミ箱マークをクリックします。

 

①を選んで、前の映像の最後までドラッグします。
(または②の何もない空間を選択しゴミ箱をクリックしてもOKです)

フィモーラ カット編集 結合 わかりやすく

自動リップルをONにすると削除と結合が同時に行われる

自動リップルをONにすると

削除と結合が同時に行われます。
また位置を入れ替え、素材を追加も自動で行われます。

また自動リップルをオフの場合でも 
右クリックで『リップル削除』をクリックすることで削除と結合を同時に行うことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後までありがとうございました。

error: 保護されたウエブサイトです