クリスタ

ベクターレイヤーとラスターレイヤーの違い&メリット・デメリット【クリスタ】

ベクターレイヤーとラスターレイヤーの違い&メリットデメリット【クリスタ】

ここではデジタル漫画やイラストを描くときに大活躍!のクリスタこと『CLIP STUDIO(クリップスタジオ)』で、ラスターレイヤーとベクターレイヤーの違いについてご紹介したいと思います。

ピンくま
ピンくま
クリスタ買ったけど~なんかいまいちラスターレイヤーとベクターレイヤーの使い方がわかんないんだよなぁ~

みのかママ
みのかママ
大丈夫!わかりやすく2つの違いを説明するわね。

『ラスターレイヤ―』メリット・デメリット

ラスターレイヤーの最も大きな特徴を2点書きます。
1つはラスターレイヤーのメリットでもある『他のツールが問題なく使える』という点で、もう1つはラスターレイヤーのデメリットである『拡大しすぎると画像が荒れる。』です。

ラスターレイヤー メリット

特徴 メリット①

ラスターレイヤーは他のツールが問題なく使える

ラスターレイヤーのメリットとしては
ラスターレイヤーはそのレイヤーに直接線を描いたり、色を塗ったり、その他のツール(ぼかし)が問題なく使えるという点です。

ラスターレイヤー デメリット

 

特徴 デメリット①

ラスターレイヤーは拡大すると線が荒れてしまう

ラスターレイヤ―で●(点)を書きます。

ラスターレイヤー 点 拡大前

それを引き延ばして引き延ばして…めちゃめちゃ大きく拡大すると

ラスターレイヤー 拡大しすぎると 画像が荒れる

上記のように線がきれいに見えなくて、ぼやけたように線が荒く見えますよね?
これがラスターレイヤーの一番の特徴。

ラスターレイヤーの線は細かいドットで管理しているので、たくさん拡大すると無理やり引き延ばされている状態なのでこのように見えてしまいます。

これがラスターレイヤーの最大のデメリットでもあり、『拡大しすぎるとぼやける』という特徴があります。

 

ラスターレイヤー|線画の太さや色の変更もできる?その方法とは?
ラスターレイヤー|線画の太さや色の変更もできる?その方法とは? ここではデジタル漫画やイラストを描くときに大活躍!のクリスタこと『CLIP STUDIO(クリップスタジオ)』で、ラスターレイヤーに...

『ベクターレイヤー』メリット・デメリット

ベクターレイヤーの最も大きな特徴を5点書きます。
2つはベクターレイヤーのデメリットである『ペンツールしか使えない。』『データが重くなりやすい』
3つはベクターレイヤーのメリットでもある『拡大しすぎても画像が荒れない。』『書いた線を後から修正できる』『交点までを消しゴムツールで消せる』という点です。

ベクターレイヤー メリット

特徴 メリット①

ベクターレイヤーは拡大しても線が荒れません

ベクターレイヤーとは点ではなく、情報で線を管理しています。

ベクターレイヤ―で●(点)を書きます。

 点 拡大前
その線を引き延ばして引き延ばして…めちゃめちゃ大きく拡大しても

ベクターレイヤーで書いた線 

全然線が荒れません!

それはベクターレイヤーで書いた線は制御点の位置や線幅や筆圧などの情報などがデータで記録されているからです。

 

特徴 メリット②

書いた線を後から修正できる。

ベクターレイヤーの時 制御点 ツールを選ぶと色々修正できる

ベクターレイヤーを選んでいる状態(キューブの表示があり)で上記写真の上側のマークで制御点を選ぶとあとから下記のサブツールの線修正ツールで線を修正することができます。

 

線修正ツールの写真

または便利な機能として、操作ツール→オブジェクトを選ぶと、
線幅修正やペンの質感も変えることができます!

 

※ちなみにベクターレイヤーではフィルターをかけることはできません。
ラスタライズしてからかけましょう。

 

特徴 メリット③

ベクター線専用の消しゴムを使って交点まで消せる。

消しゴムツールで『ベクター用消しゴム』→『交点まで消す』を選びます。

ベクターレイヤー 消しゴムツール 交点まで

例えばベクターレイヤーに線を描き

ベクターレイヤー 消しゴム 交点まで

上記記のピンクの線の部分をペンでなぞると

ベクターレイヤー 交点 なぞった後

上記のように線と線が交わっている場所まで線が消えます。

ベクターレイヤー デメリット

 特徴 デメリット①

ベクターレイヤーは塗りつぶしには適していない。

ペンツールを使って無理やり塗りつぶすことはできます。
…ですが余計なデータが記録されるので無駄にデータが重くなってしまうのでお勧めできません。

特徴 デメリット②

データが重くなりやすい

線をデータ化して保存されてしまうので、あまり何も考えず使っているとデータが重くなりやすいです。
主な線はベクターレイヤーで書いて、たくさんの細い線などはラスターレイヤーで書くなど頭の片隅に置いて作業するとよいでしょう。

ベクターレイヤー【クリスタ】描いた線画 色変更 拡大縮小 質感変更
ベクターレイヤー|線画の色を変えたい時&拡大縮小の方法【クリスタ】 そんなお悩みをお持ちではありませんか? ここではデジタル漫画やイラストを描くときに大活躍!のクリスタこと『CLIP STUDI...

ラスターレイヤーとベクターレイヤーの違い

上記より『ラスターレイヤー』と『ベクターレイヤー』の違いは、
線は制御点の位置や線幅や筆圧などの情報などが『データ化されている』か、『データ化されていないか』の違いから、いろいろとメリットデメリットも生まれるということになります。

なので簡単に言えば、線画に適したレイヤーが『ベクターレイヤー』で色塗りに適したレイヤーが『ラスターレイヤー』ということになります。

ピンくま
ピンくま
上手にラスターを使い分けると、効率よく絵が描けるってことだね

クリスタ 初心者 最初の画面 使い方 
【クリスタ】使い方は?最初の画面で初心者さんがやってみるべき手順まとめ  ここではクリスタこと『CLIP STUDIO(クリップスタジオ)』を購入したはいいけど 『クリスタの使い方が全くわからない…...

まとめ

いかがでしたか?以上、ラスターレイヤーとベクターレイヤーの違いでした。
どういう場面でそのレイヤーを使ったらいいのか少しはおわかりいただけましたでしょうか?

ピンくま
ピンくま
線画はベクターレイヤー。色を塗るのはラスターレイヤーがベスト。ということだね!
みのかママ
みのかママ
そうそう!そういうことなのよ!

最後までありがとうございました。

 

error: 保護されたウエブサイトです