スローでイージ―

スローでイージーなルーティーン『カツオの2色丼』レシピ★ポイントコツ詳細あり

スローでイージーなルーティーン『カツオの2色丼』レシピここでは2021年6月30日スロイジこと『スローでイージーなルーティーン』で紹介されていただ大好評の魚レシピ・『カツオのさっぱり2色丼』のレシピをご紹介いたします。

世界が注目しているという話題のシェフ・照寿司 寿司職人三代目 渡辺貴義シェフが教えて下ささいました!

では早速行ってみましょう♪

スローでイージ―『カツオの2色丼』材料・分量

※カツオはルビー色(赤から紫がかった赤と、別の方向から見えるオレンジがかった赤)をしているものを選ぶのがポイント!

カツオの2色丼

材料分量 (2人前)
カツオ300g※↑上に選ぶポイント書いてます
▲醤油60㏄
▲味醂30㏄
酢飯下記に記載
玉ねぎ(上に散らす)→薄切り2分の1個
大葉少々(上に散らす)→千切り少々
ネギ少々 のり少々 

酢飯の分量

ごはん3合(硬めに炊く)
お酢120㏄
砂糖90g
30g

カツオの上にのせて薬味替わりに

鯖缶1缶
にんにくおろしチューブ少々
ショウガおろしチューブ少々

ごはんに混ぜて美味しさアップするための具

材料分量 (2人前)
大葉5枚
ショウガ甘酢漬け35g
ネギ10g
ソフトさきいか10g
みょうが3個
ごま5g

ネギ油の分量

長ネギ2本
鷹の爪1本
ニンニク1片
サラダ油200㏄

スローでイージー『カツオの2色丼』

  1. ご飯を水を浸水させて→ご飯を炊く。
    芯がのこるくらい少し硬めに炊くのがポイント。
  2. ネギ油を作ります。
    ネギ油の材料(長ネギ、ニンニク。鷹の爪、サラダ油)をすべて鍋に入れて30分弱火にかける。→ペーパーで濾しておく。

    カツオの生臭さをとるために用いる技法。ネギ油をあたためてかけることでカツオがネギの香りをまとって風味豊かにいただけます!
  3. ソフトさきイカ、ガリは細かくカット、青ネギを小口切り、大葉、みょうが、玉ねぎを薄切りにしておく。
  4. 味醂と醤油を分量分深皿に入れておく。
  5. カツオのいらない部分(骨や血合い)がついている場合は、まな板の上で包丁を使い取り除いておく。
  6. 5のカツオを2等分にして半分は皮を引き、1センチ幅くらいにカットして④に漬けておく。もう半分のカツオは皮目に縦の切れ目を3つほど入れておく。(漬けない方はスライスはしない)
  7. ①のネギ油をフライパンに入れて熱し、⑥の漬けていないカツオを塊のまま入れて表面すべてを焼く。
  8. 片手鍋にお酢、砂糖、塩を入れてほんの少し温める。
    酢飯に混ぜる調味料は少し火にかけると味がまろやかになる
  9. ご飯が炊きあがったらボウルなどに入れ、⑧の合わせ酢を入れてなじませる。
    みょうが、がり、ごま、青ネギを混ぜる。

  10. 別のボウルに鯖缶を入れて(骨は取り除く。)おろしにんにく、おろししょうがをいれてスプーンなどで崩しながら混ぜて、ソフトさきイカを入れて混ぜる。
  11. 丼ぶり茶碗などに⑨のご飯を盛り付け、漬けてたカツオとネギ油で焼いたカツオを1センチ幅くらいにカットしたものを盛り付けて上に薬味替わりの⑩をのせてその上に大葉の千切り、周りに玉ねぎの薄切りを散らして出来上がり♪

 

【ネギ油が余ったら…】

チャーハンに使ったり
冷ややっこにかけるとおススメ!だそうです!

まとめ

ちょっと手間がかかりそうですけど
これはかなり美味しそうでした!

ぜひとも世界に注目される寿司職人が作ったこのレシピを美味しく作れるようになれば
お客様のランチなどにも良さそう!

是非一度ためしてみたいレシピです!
最後までありがとうございました。

error: 保護されたウエブサイトです